4/29(金・祝)『台所のオーケストラ』を味わう  Vo.1・春


 高峰秀子著/新潮社
 1982年新潮社より刊行、2000年文春文庫に収録。
 写真は2012年新潮文庫。

料理研究家の飯塚有紀子さんから、『台所オーケストラ』の朗読を依頼されました。飯塚さんが、大好きなお菓子作りを仕事にして多忙な毎日の中でふと手にするのがこの本で、いつでもお菓子作りを始めた頃の原点に戻れるのだそうです。

著者は、昭和を代表する女優で随筆家としても知られる高峰秀子さん。
ページをめくると右側に食材にまつわるエッセイ、左側にはその食材をつかったレシピが載っていますが、分量は一切記載されていません。
「なんでもかんでも粗めに刻んじゃいます。」で始まるミネストローネのレシピは「月桂樹の葉をコトコト煮ます。野菜がとけちまう寸前に深めの皿に盛り、パセリを散らして、粉チーズを添えます。」とどこまでも軽やかなリズムでキッチンを踊るように弾んでいきます。「大女優」どころか、こんなお母さんが家にいたら楽しいだろうなぁ、料理をする音を聴いてみたいなぁ、とわくわくします。

当日は、飯塚さんがこの本に因んだ食材からブランチを作ってくださいます。おいしい匂いでいっぱいのアトリエで、『台所オーケストラ』を音で楽しんでみませんか。そしてこの本にゆかりのあるとある方もゲストでいらしてくださる予定です。そちらもお楽しみに。

素敵なGWの始まり、ご予約をお待ちしております。
-----------------------------------------------------------------------
日時:2016年4月29日(金・祝) 午後12時〜14時
場所:UnPur 台東区浅草橋4-5-4 斉丸浅草橋ビル4F 
読み物:『台所キッチン』高峰秀子著(新潮社)
料金:¥2,500-(ランチつき)
満席となりました
ご予約:okayasukeiko@gmail.com まで、 
    お名前とご連絡先をお知らせください。
-----------------------------------------------------------------------
※新潮社様のご協力のもと、著作権者さまに使用許諾を得ております。