5/14,15 春と修羅 クラヴィコードと朗読

ギャラリー組むさんにて、クラヴィコード奏者の内田輝さんと共演することになりました。以下、組むさんのHPより。

------------------------------------------------------------------------------------------------

「春と修羅」クラヴィーコードと朗読 内田輝 × 岡安圭子

2016年5月14日[土] 19:30開演(19:00開場)
2016年5月15日[日] 14:00開演(13:30開場)  18:00開演(17:30開場)
終了しました




  わたくしといふ現象は ‥ 〜ひとつの青い照明です。
  と謳う迄に至る宮沢賢治の観察眼。
  14世紀に考案されたクラヴィーコード。
  この鍵盤楽器が内包する静寂を聞いたとき、
  わたくしといふ現象は唯の振動である。
  と、思わせてくれる。
  形はちがえど、賢治と14世紀の思想を響きという
  唯の振動に戻す。
  そこに、彼が観た何かを聞けるのかしらん。
  内田輝

朗読家の岡安圭子さんが、組むのHPの「感覚を開く」という言葉を見て
「まさにそういうことをテーマに活動している人がいるんです!」
と会わせてくださったのが内田輝さんでした。
感覚が開かれていることは、気づいていることにつながり。
気づくことは幸せにつながることと思っています。
しばし感覚を開き、耳を澄まし、微細な振動にチューニングをあわせていく。
そんなお楽しみいただければと思っております。
組む東京 小沼のりこ
fee ¥3000
お申し込み方法
下記の要領で、メールでお申し込みください。
件名「春と修羅 申し込み」
① お名前 ② お電話番号 ③ご予約人数
contact@kumu-tokyo.jp
------------------------------------------------------------------------------------------------

ご予約を心よりお待ちしております。