卒業式。

本日、勤め先の大学で卒業式。お天気もよくて、古い礼拝堂の前に集まる華やかな袴姿の女生徒がたくさん…なのを眺めていると、やっぱり自分の卒業式を思い出します。もう何十年前だろう…
 
時効だからいいと思うのですが、小さな自慢話です。
当時は就職氷河期で、百社以上受けて落ち続けました。「学生時代、何してた?」の質問に、
資格も特になく、留学もしてない、サークルも幽霊部員、何をとっても中途半端…な私はどうしても答えられず…。自分は一体大学で何をしてたんだろう?と落ち込む日々でした。 


それで卒業間近に友達から「教務課から呼び出しかかってるよ!」と教えてもらい、何事かと慌てふためいて学校へ行ったら、
「首席卒業です。おめでとうございます」って。
卒業式の日、一人登壇して、卒業証書を代表で受け取りました。大好きな大学の大好きなチャペルで、静かに感動しました。

 
大学で、私は一緒懸命勉強してたんだなぁ。毎日学校へ通っていました。単位に関係ない授業もたくさんとって、夏休みも冬休みも図書館に通いました。努力、とかって感じじゃなかったから、就職試験の時はそんなこと思いつかなかった…
在学中にお世話になった方にも「誇らしいです」って言ってもらえて、嬉しかった。
 
すいません長々と自分のことを。今日はちょっとセンチメンタルな1日です。

あ、明日も別の学部の卒業式だった…